株式会社テクノ情報システム
RECRUIT - 2020

PROFILE

N.Iさん(茨城県出身)

2014年入社
システムエンジニア
4年制大学 数理情報工学科 卒業

大学の研究室では情報セキュリティを専攻し、DoS攻撃に対する対策の研究。
卒業後は地元茨城のIT企業に就職し、自治体向けのシステム開発に携わったのちに知人の紹介でテクノ情報システムに入社

Q1.N.Iさんはどんな仕事をしていますか?

クレジットカードの申込システムの開発に携わっています。
プロジェクト参画当初は開発、試験がメインでしたが、最近では見積、要件定義をメインに携わっています。
お客様の要望を正しく理解することや、資料として分かりやすく表現することの難しさに課題を感じることも多いですが、充実しています。
また、社内では教育に関わるところに携わっていています。社員のスキルアップの為にはどういったことが効果的か、どうしたらモチベーションを保てるかといったことにチームメンバーと共に取り組んでいます。

Q2.N.Iさんの1日のスケジュールを教えてください。

9:00

出社

9:15

午前の始業

9:30

朝会

毎朝30分程度の朝会を実施。チームへの周知事項や、作業進捗、作業予定などを共有する。
作業に詰まっている場合、フォローを依頼することもある。

10:00

デスクワーク

要件定義や設計、製造などそのフェーズにあった作業を実施する。

11:30

ランチ

12:30

午後の始業

16:00

週次定例会

週に1回実施し、進捗報告に加え、プロジェクト全体の動きなどの周知を受ける。
仕様面でのアドバイスを受けることもある。

17:00

デスクワーク

キリ良くその日の作業を終えられるよう残作業を整理する。
作業実績等の資料も記載する。

18:15

帰宅

Q3.入社のきっかけを教えてください。

転職活動中に知人の紹介でテクノ情報システムを知ったのがきっかけです。
採用面談の際にテクノ情報システムの社長の「全員で定年まで働ける会社にしたい!」という理念に共感し、一緒に仕事をさせていただければと思い入社を希望しました。

Q4.テクノ情報システムはどんな会社ですか?

若いチカラが溢れる会社です。
社員の平均年齢が若く、色々なことに意欲的に取り組んでいます。
勉強会や部活動、旅行など若手社員主導で色々なイベントが行われていて、自分もよく参加しています。
そういったイベントで仲良くなったのをきっかけに、情報交換や相談を受けることもあり、イベントを楽しむ以外にも良い効果が得られています。
こういった、社員の挑戦を後押ししてくれるのは弊社の魅力のひとつだと思います。

Q5.お仕事の面白さは、どんなときに感じていますか?

「出来なかったことが出来るようになった」と実感出来たときです。
試験のマトリクスが正確に書けた、要件定義資料が顧客指摘なしでOKを頂けたなど、作業に関わることが多いです。
単純にそういった作業が出来るようになったことだけでなく、作業を通して業務知識を深められた際に強く感じます。
業務知識を深められると出来ることや気付けることが増え、エンジニアとして成長を実感するので、このときに一番の面白味を感じています。

エントリーをご検討中の方へ・・・

弊社は金融業界を主軸にしています。
「金融」と聞くとおカタいイメージを受けるかもしれませんが、流行に左右されにくく『手堅い』業界であると思います。
ゲームやアプリ開発に比べると見た目の分かりやすさは少ないかもしれませんが、私達が生活する中で必ず必要となる技術に携われていることは私にとって大きな誇りです。
社会貢献…と言うと大げさですが、一人でも興味を持っていただければ嬉しいです。

募集要項 / エントリー

新卒、中途に関わらず、積極的に採用を行っております。